インビザライン矯正と同時にホワイトニングをすることが可能なのか?

「歯並びと同時に歯の色も理想の状態にしたい」と思う方も多いかと思います。そこで疑問に思われるのは、インビザライン矯正とホワイトニングを同時に行うことができるのかという点でしょう。

結論から言うと、インビザライン矯正とホワイトニングは同時に進めることが可能です。ただし、注意点もあります。

今回はインビザラインの治療期間はどのくらい?についてご説明します。

インビザライン矯正中に受けられるホワイトニングの種類


インビザライン矯正中に受けられるホワイトニングは、下記の2種類です。

  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング

それぞれどのようなホワイトニングか解説します。

オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニングは、歯科医師や歯科衛生士によって施術される、効果の高いホワイトニング方法です。

有資格者による施術により、高濃度のホワイトニング剤を歯に塗布し、特殊な光を当てることで歯を白くすることができます。

ホワイトニングは通常、複数回の施術を受けて徐々に理想の白さに近づけるもので、時間がかかることが前提です。

オフィスホワイトニングでは、一回の施術でも歯が白くなる効果を実感しやすく、歯科医師や歯科衛生士が施術を行うため、色ムラや痛みなどの問題が発生した場合にも適切な処置ができる利点があります。

インビザライン矯正では、マウスピース型の矯正装置を施術のタイミングで簡単に取り外すことができるため、オフィスホワイトニングも可能です。

ホームホワイトニング
ホームホワイトニングは、歯科医院で専用のマウスピースとホワイトニング剤を処方してもらい、自宅で行えるホワイトニングの方法です。

自分の都合に合わせてホワイトニングを行うことができるため、忙しくて歯科医院に通う時間が取れない方に特におすすめです。

ホームホワイトニングは、一回の施術だけでは効果を感じにくく、歯が白くなるまでに時間がかかるという特徴があります。

しかし、一度白くなった後の色持ちは長く続くという利点もあります。

インビザライン矯正では、マウスピース型の矯正装置にホームホワイトニング用の薬剤を注入して装着することで、ホワイトニングを行うことができます。

インビザラインとホワイトニングを同時に進める上での注意点


インビザラインとホワイトニングを同時に行なう際、注意しなければならない点があります。

具体的には、下記の4つです。

  • アタッチメントがあると色ムラが生じる可能性がある。
  • 知覚過敏や痛みが起こるリスクが高まる。
  • ホワイトニング薬剤が均等に歯に行き渡らない可能性がある。
  • 歯科医師から同時進行は避けるべきとアドバイスされる場合もある。

これらを注意してホワイトニングを行うようにしましょう。

矯正でホワイトニングを行なうベストなタイミング

ホワイトニングを行う最適なタイミングは、矯正治療後の保定期間です。

保定期間では、歯の移動が終わっているため、痛みや色ムラが起きるリスクが大幅に低くなります。

矯正治療を開始したばかりの時期や歯の移動による痛みを感じている時期は、ホワイトニングを行うことで痛みやムラが生じる可能性が高いため、慎重に検討することが重要です。

もし矯正中にホワイトニングを行いたい場合は、歯の大きな移動が終わった後に行うことをおすすめします。
これにより、矯正治療が完了した後に色ムラが目立つリスクが減少します。

まとめ

インビザライン矯正とホワイトニングを同時に行うことは可能ですが、注意が必要な点を理解しておくことが重要です。

同時進行する場合には以下の点に留意しましょう。

  • アタッチメントがあると色ムラが生じる可能性がある。
  • 知覚過敏や痛みが起こるリスクが高まる。
  • ホワイトニング薬剤が均等に歯に行き渡らない可能性がある。
  • 歯科医師から同時進行は避けるべきとアドバイスされる場合もある。

色ムラや痛みなどのリスクを低減したい場合は、矯正治療が終了し保定期間に入ってからホワイトニングを行うことをおすすめします。

関連記事

  1. インビザラインの効果とリスク

  2. インビザラインの相場

  3. インビザラインは口臭がきつくなる?原因と予防方法を解説

  4. インビザラインの治療期間はどのくらい?

  5. インビザライン矯正は痛くないの?

  6. 歯ぎしりをしていてもインビザライン矯正は可能なのか?